お屠蘇(おとそ)

お屠蘇(おとそ)

お屠蘇の由来

お屠蘇とは、一年間の邪気を払い、長寿を願って飲む新年の祝い酒の事です。
屠蘇延命散や屠蘇散といわれる、数種類の生薬(漢方薬)を配合し、袋に詰めたものを、みりん・清酒に浸して成分を抽出した、薬用酒です。
始まりは、元は中国の医師による処方からとされ、屠は鬼、病を屠ること、蘇は、蘇生を意味するそうです。
そして、平安時代には、宮中で用いられるようになり、一般に広まったのは江戸時代に入ってからだと言われています。
屠蘇は、、屠蘇器(屠蘇散と日本酒・味醂を入れる銚子、屠蘇を注ぐ盃、重ねた盃をのせる盃台、これらを載せる盆。)と、呼ばれる三つ重ねの杯を使って頂きます。
屠蘇を頂く順番は、地域で差がありますが、年少者から順に頂くことで、その若さを年長者があやかるとされたとか。
しかし、明治もしくは昭和初期には、家長から飲むようになったようです。
使用される生薬は主に、白ジュツ(オケラ)、肉桂、山椒、桔梗、防風、丁子などです。様々な処方には、主に消化促進、健胃、風邪予防、といった作用があるそうです。

T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://www.aldeism.com/tb.cgi/9

C O M M E N T
アイデアの教義は、違法な賭けに関する提言が含まれて無保証のスピーチやトースト、超えて、多くの連邦政府と戦略の背後にある公共の判決のように、多くの場合、別に住所を含まセットワイヤーを引っ張って生じた初心者の販売エリアを開拓してきました。
iphoneケース ブランド    [2014/11/5(水) 15:04] [削除]


名前 :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  1000


  プレビュー