縁起物

縁起物の象徴

は夫婦愛

松は常碧木なので、年中色が変わらず、不変の健康・隆昌・長寿を現し、木材は建築棟染めに用いられ、葉は「枯れて落ちても二人連れ」と、夫婦愛の象徴とされ、多くの樹木の中から選ばれた木です。


は成長

竹の幹は、緑で真っすぐで、葉もまた緑色で四時変色しないので、悪いよこしまな心の無い・つつみ隠す心のない・わだかまりがない・さっぱりとした性質のたとえに引用されます。
又、竹には節があり、その節目節目に、真っすぐに成長するように思いが込められています。


は豊かな生活

「梅は百花にさきがけて咲く」と言われるように、寒い冬をじっと耐え、春の訪れを知らせてくれることから、喜びの象徴とされています。
花のあでやかさは縁起物として愛され、又高貴な香りは豊かな生活の象徴ともされています。

T R A C K B A C K
この記事のトラックバックURL
http://www.aldeism.com/tb.cgi/3

C O M M E N T
あいこ     [2010/1/14(木) 10:38] [削除]


名前 :
パスワード :(削除用 : コメント投稿後の修正は不可)
    最大文字数(半角換算)  1000


  プレビュー